いまさらながらのステイホーム(おうちご飯)vol1

ウィンドショッピングだけでも楽しいドン・キホーテ

コロナ渦になって以来おうちで何かをする機会が増えたのは自然の流れと思います。今更ながらではございますが、我が家の”おうちで”シリーズをご紹介いたします。

第一弾として、ウインドショッピングだけでも楽しいドン・キホーテで購入した食材を紹介いたします。ドン・キホーテの紹介もいまさらなのですが、そこは地域の特性が割とありそうなので少し変化球を投げるように、地域ならではの内情を含めての話となります。

私たちは東海地区の岐阜県に居住しています。現在のドン・キホーテはかつて東海のGMS大手のユニーグループを傘下に収め展開しています。

このユニーグループを傘下に入れた事が特色を強めていると聞いたことがあります。

実感として、ユニーグループに納品していた食材のテナントがそのまま残っていることがあります。私個人の贔屓は丸忠と言う、水産物の卸売り・輸入から小売までをトータルに手がける総合水産企業を推しています。一般的にはお寿司屋さんとして認識されているのではないでしょうか。

我が家は丸忠さんの店頭販売の鮮魚、干物をあえて探しにいきます。ユニーグループだった頃の魚も特色がありましたが、ドン・キホーテに店舗が変わると珍しい食材が更に出回ると感じるからです。

そのためか時間帯や曜日を外してしまうと、お宝に出会えません。依って結構ドキドキしながら出かけます。今回の紹介ではなんと2回もお宝に巡り合える機会がございませんでした。

ところが、ドンキ愛を自称している私共としては楽しさ満載の他の食材を紹介いたします。

若干の残念加減を他の珍しい食材がカバーして有り余る商品構成うえ飽きる事がありません。

ふりかけ・スパイス・甘味料

魚が無い時の2番手は、なんといってもふりかけ。ついつい同じ商品を複数購入する事もございます。因みに一度品切れになるとなかなか戻ってくる事はないように思えます。そして、今回にかぎってはスパイスがかなりの目玉になりそな予感です。実際に調理したシリーズは後記いたいますので、是非ともご覧ください。

練り物は店頭加工

よくスーパーで見かけるのは冷蔵食品だと思われますが、岐阜のドンキは練り物を店頭で上げて販売しています。おそらく美濃味匠(みのみしょう)さんの店舗販売ではなかろうかと推測します。推測が当たっていれば、これまた東海ならではの品揃えとなります。

我が家では魚があろうがなかろうが必ず購入しますが、この日は1日跨いで二人で4食分の購入となりました。お勧めは、絶品の枝豆と豆腐ハンバーグでございます。

漬物のもと

最近では自家製ぬか漬けにまで発展したおうちご飯の漬物ですが、そのハマりとなってしまった罪な子がにらタレです。言葉で表現するとかなり難しいのですが、カクテキなんかが近い味になるのかもしれません。

東海圏外にお住いのドンキ愛に満ち溢れた皆様。岐阜にお越しの際は是非お立ち寄りください。ドンキシリーズは魚はもちろん、食材以外についても今後も投稿していく予定でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください