Go Outの気分に乗って弾丸ツアーを決行 福井編VOL2

7月にGo Outの気分に乗って弾丸ツアーを決行というブログを投稿いたしました。今回は×弾丸〇計画にて、同じルートを1泊でツアーを組んで行いました。その模様のご報告となります。自分がツアーアテンドだったら、食べログしか考えていない旅もありだろうとおもい、本当に実践しています。時間刻みではなく、ただ美味しいものを食べ倒すのもありかとおもいます。どうでしょう。

生け簀の甲羅 敦賀赤レンガ店

前回のオチでは、”redkabaogn蟹大好きtakodemous蟹それほどでも”さてどうなるか。で締めていました。結果論としては、『夫婦仲良く過ごすためには嫁を最優先する』に決まっています。また、9月に投稿したMonkey125のカウンター事件でも目の当たりにしていますが、嫁の最優先事項を疎かにすると、事件化になってしまう事例もございます。よって、最初に旅のメインを嫁主導で行うことは当たり前といえます。

  • 赤レンガ倉庫
    赤レンガ倉庫

海鮮かに処 甲羅亭さんグループ

前回も胃袋を大いに満たしてくれた、海鮮かに処 甲羅亭さんグループのお店を選びました。というよりも、検索の結果たどり着いたのが正解なんですけど。先ずは雰囲気にやっつけられます。そして生け簀であれば、なお更食欲が湧きます。当然ながら、昼から日本酒を飲んで出来上がりの状態です。因みに今回は、甲殻類を攻めまくっています。チョイスの日本酒は、地酒で選び、『花垣』『黒龍』『一本気』の三種盛りで極めました。特にredkabagonの推しは一本気で、店員さんに聞くとコンビニで売られていいるほどの地元メジャーということでした。当然自分お土産で購入するのですが、ラベルが緑と白があり、サイズは瓶から紙パックまで多数展開されています。羽島市近郊であれば、『鬼殺し』そして『千代菊』あたりのメジャーどころでしょうか。

補足になるのですが、魚のつまに付いていたワカメが生でも激うまです。皆さんも是非召し上がってください。かなりのお勧めです。

満腹後は動けずに

赤レンガの周りをウロウロしていただけなんですが、(redkabagonの雨女ぶりが祟ったこともありますが)結構な見どころがあります。食ツアーであれば、それなりに楽しめます。食も観光もという方には、レンタルアシスト自転車や巡り系バスがあり、敦賀駅周辺まで往来ができます。中間地点に大きな神宮神社があり見どころの一つではないかとおもいます。演出をよくしたら、神戸港ぐらいの佇まいがあるので、行政にも頑張ってもらいたいものです。

  • 赤レンガ倉庫外壁など
    赤レンガ倉庫外壁など

Googleさんに一言

かなり上手く出来あがった仕組みなんだろうとはおもいます。検索についてです。少しだけanalyticsをいじっていると見えてくるものがあります。結構マクロなデータ収集と解析、広告媒体を利用した検索結果など、googleさんが意図した結果に進みます。近年のAIの技術革新には目を見張ることが多く、大多数の意見の集積を示唆するデーターは、80点以上の出来を満たしているので、総合的には満足を得られます。私個人は複線や布石が大好きなので、なるほどなと思うことが殆どです。ただマイノリティな意見を今回でいえば、地元の人が通う店もみせてくれよとなります。といっても誤情報ではないし、美味しく食べることができたので無い物ねだりなんでしょうけど。

夜の食事は飛び込みで

検索でさがしたお店は急遽休みをとっていたようで、雨の勢いも増す中見た目と乗りで選びました。まるさん屋さんがターゲットです。おすすめが鯛となっておりましたが、地元の食材のメニューもかなり並んでいたので、今回はおすすめ外しで攻めました。お昼は、煮物と焼き物を敢えて少なくしたので、夜の部は焼きと煮物で極めています。浜焼きさば、かすべ煮つけ、へしこで私たち頂点に達しています。お店でしか味わえない『まるさん』地酒シリーズ『わかさ』『常山』そして『一本気』を中心にredkabagonはヘベレケになったのは云うまでもありません。飛び込みで入ったのですが、実は求めていたのはまるさん屋さんのような地元の食材を出してくれるお店だったので、結構な満足度合いです。といってもチェーン化している様子で、我が家の近郊では魚忠さんと同等ぐらいな地元認知度なんだろうとおもいます。

  • まるさん屋
    まるさん屋

お土産も買えてしまう

お恥ずかしながら長居をし過ぎてしまい、1Fにあるお土産やさんに寄ることが出できませんでした。常備品揃えされているのかは不明ではありますが、二人で最高を共有した浜焼きさばなどが、販売されている様です。かなり近くのホテルに泊まったのですが、なんと翌朝起床できずにまたも立ち寄ることができませんでした。この旅の悔やまれる点といえます。

飛び込みついでの

予想通りとはいえ二日目は二人ともぐったりで、予想外だったのは撮るべき画像が結構手振れであったことです。お恥ずかしながら。こういった状況を予め踏まえていたので、帰路については『道の駅』巡りで済まそうと考えていました。ところが意に反するごとく、道の駅『塩津街道 あぢかまの里』が休日となっており、周辺の景色を撮るのみとなってしまいました。観光案内の事務所はフリーとなっていたので、パンフレットをしこたま頂いてきました。羽島市から空いていれば60分圏内で到着する場所は、以外と知られていない面白そうなスポットがあり、今後敦賀までのルートを開拓するのが楽しみとなりました。拝見する限り、欲しかったのは観光案内の事務所にあったようなカテゴリーなのです。もうちょっと情報発信を企画すればとおもいます。

  • 道の駅 塩津街道
    道の駅 塩津街道

飛び込みついでだから その1

結構出たとこ勝負でも何とかなりました。私個人的には直観だろうと熟考であろうと、一度決めたことを遂行することにためらいが殆どありません。redkabagonは女性特有とは自分でいってはおりますが、想定や予定を外した状況にアタフタします。今回でいえば、道の駅で食事やお土産の購入ができないかったことが当てはまります。ならば取り合ず早めの昼食を優先に(朝の起床が遅れたのは既に触れております)、一番近いラーメン屋さんを探そうというくだりになりました。結果オーライなのです。

中華そば福松

丼に『わしの福松』と記載されております。私もそのネーミングのほうが好きです。ネットで調べると、両方表記されています。店内は新日本プロレスの内藤哲也選手のグッズが売られており、カラオケの設備があったり、不思議な七福神の看板があったりなど、かなりな度合いでワクワクさせてくれます。こうゆうのを待ってたんだよな世界です。

来店された大概の方は、醤油ベースの中華そばにトッピングもつが定番のようです。私たちはトッピング無しの、ベースである中華そばとそれぞれご飯ものをチョイスしました。今後も長浜や敦賀のルート開拓の際には、結構な度合いで利用するとおもわれたので、ベースを試してみたのです。雰囲気も相まってなのか、平均点以上の味だとおもいます。大概の方がイメージする中華そばで合っているとおもわれます。私takodemousが選んだ天津飯については、塩味ベースの天津飯が出てきました。何気に塩ベースの天津飯は、提供してくれるお店を探すのが困難です。羽島界隈では1軒しか見当たりません。(探してないだけなのかもしれませんが)大好きな塩ベースの天津飯が出てきて、かなりのテンションが上がったのは云うまでもありません。

  • 中華そば 福松
    中華そば 福松

飛び込みついでだから その2

ブログ投稿する為には、お土産は必須だろうと勝手に思っています。地元ならではに拘って探してみるもの、事前の知識が少なすぎて中々選びきれません。某テレビ局の県民あるあるのコーナで紹介されていた、サラダパンが目に留まり購入決定となったのです。沢庵&マヨネーズ&パンの組み合わせが意外とイケています。また海系のネタのつもりで購入した、3袋組み合わせ自由なお得煎餅は、我が地元近郊の大垣市で生産されていることを知り、結構な衝撃を受けました。ネタなだけにリピートしようとおもったのですが、一般向けに販売されていないようです。惜しい限りなんですけどね。

道の駅 浅い三姉妹の郷

自宅から45Kmで行くことが出来る場所にある、道の駅『浅井三姉妹の郷』に立ち寄り、上記のお土産を購入いたしました。この距離感なら、伊吹山越えのMonkey125ツーリングにちょうど良いのではないかと、一人で興奮しています。私でいえば、山越えはおろか最大往復距離が、未だに40kmぐらいしか走行していないうえに、redkabagonの目標は来年公道デビューを掲げている状況です。まだまだ計画の途上ではあるのですが、M2Tとして情報発信するのに最適であるとおもいます。今後も、見た目で勝負する夫婦の日々を公開してまいります。

  • 道の駅 浅井三姉妹の郷
    道の駅 浅井三姉妹の郷
ホーム » Go out

備忘録Jimny aj11とredkabagonで父親との思いで作り

今回のブログは、redkabagon+初任者研修+Jimny aj11による父親との思い出作りを備忘録として記載いたします。色々な意味合いで、間に合ったという状態です。redkabagonが幼少期から結婚前まで、仲の良かった父親にパジェロで連れて行ってもらった思い出の場所を、今度は親を載せて自分の4駆でplaybackした模様の備忘録です。

なお諸事情により、私takodemusuが代筆いたしますが、ご容赦ください。

第一回目藤橋城を訪ねる

岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見332番地1に所在する藤橋城を1回目のターゲットにしました。たどり着けない場合のプランBやCは今後もセットで付いてきます。先ずは思い出の場所の中でも、一番近い距離にある場所を選んでおり、ゆっくりとした走行で往復6時間を目指しています。父親は山の中の道路を走ることが好きで、プラスアルファ渓流釣りが趣味なので、川やダムなどがいつもの行きつけでした。備忘の画像と近くのお勧めの場所を併せてご紹介いたします。

  • 父との思い出藤橋城
    父との思い出藤橋城

なんといっても宮山橋(恋路のつり橋)が挙げられます。別に恋路でなくても絶景なので、恋に関係ない人もご覧になるといいのではと思います。ネーミングというのは受け手にとって選択の可否に重要な、おそらく最上位の要素だとおもいます。もうちょっと何とかならないのかと個人的には思います。

第二回目九頭竜ダムを訪ねる

 福井県大野市長野33に所在する九頭竜ダムが2回目のターゲットとしました。前回より少し遠出した状態(前回より上流)を選んでいます。プランBやCの必要なく決行できたのに加え、山道の走行は本人にとって高揚するようで終始調子が良かったので、本人の希望を踏まえ選んでいます。

  • 父との思い出九頭竜ダム
    父との思い出九頭竜ダム

九頭竜ダム周辺のスポット

どちらかというと観光というよりも、アクティブがお勧めされています。その中から私個人としては経験がないものの、今後是非ともやってみたいとおもう”カヌー”をご紹介します。カヤックやキャンプなどのコースもあるようですが、大野町のホームページ内シンクが上手く作動していないうえに、詳細が載っていません。多分直電スタイルなんだとおもいます。

第三回目徳山ダムを訪ねる

第三回目は父親のリクエストではなく、redkabagonが望み提案した徳山ダムを訪ねています。幼少期の思い出として何回も訪ねたうえに、猿や鴉に弁当をを取られ、蛇が追ってきたというスペシャルな(他人から見るとトラウマではと言われかねない)体験をした場所を、再度訪れたい願望に駆り立てられたようです。

  • 父との思い出徳山ダム
    父との思い出徳山ダム

徳山ダム周辺のスポット

実は徳山ダムは第一回目の藤崎城の上流なのです。九頭竜ダムを藤橋の上流と紹介いたしましたが、それは地理的な話であり、ルートは二つ分の国道が外れています。今回は418号を通っています。そして九頭竜ダムは158号を使い、418号との間に418号があり、三本の国道が越前大野で交わっています。また、藤崎城と徳山ダムは10数㎞しか離れておらず、同じルート沿いなのでスポットも同じといえます。従いまして徳山ダムのスポットは、帰りに足を延ばさなければならないような敢えての遠方をご紹介します。岐阜マイスター”谷汲山 華厳寺”の登場です。

徳山ダムを中心に藤橋城と九頭竜ダムを比較してみてください

いつの日になるかわかりませんが、私takodemusuと嫁redkabagonとで同じルートをリンクしたいと思っています。

ホーム » Go out

Go Outの気分に乗って弾丸ツアーを決行 福井編

遂にコロナが第5分類に移行されました。完全ではないものの、徐々に日常が回復し始めています。コロナ渦を通じて我が家では二人揃って、福祉事業の仕事に携るようになりました。redkabagonは失業を経て、生計のために福祉ネイルというカテゴリーに参入すべく、4月から支援事業と福祉事業にかかわるようになっています。そういった意味を含めて、マスク持参+ソーシャルディスタンスで行える弾丸ツアーの模様を紹介いたします。

若かりし頃の思い出の地

20代の頃岐阜県に在住した事があれば、海水浴といえば若狭湾特に水晶浜がトップランナーにランクされると思います。私は20代前半の学生時代は実家に住んでおり、愛知県の一の宮市に住んでいました。それでも、学生時代は水晶浜にしか行ったことがありません。それほどメジャーな海水浴場といえます。

今回はそんな若かりし頃の思い出話をしていた最中に、突発的に行ってみようということになったのです。前日の夜に乗りで決めたので、日帰りの食べツアーみたいな感じのほぼノープランでした。決めたのはマスク着用+ソーシャルディスタンスと、最近のステイホームで目覚めたお家ご飯に使用する干物ゲットだけです。勿論海水浴の話をしていたのに、水晶浜にはいきません。

当時とは異なる景色

我が家は子宝に恵まれませんでした。もし子供がいたとしたら子供を連れてシーズンが来れば、水晶浜に行楽に行ったであろうと想像します。しかしながら子供のいない年軽の夫婦にとっては、海水浴は遠ざかる存在となりました。その結果当時とかなり異なる風景に出くわし、バイパスが出来た状況というのは、水晶浜のもたらす特殊事情なのだとおもいます。ともあれ、そんな当時の事情とはかなり変わってしまった景色の恩恵が、今回訪れた『日本海おさかな街』になります。

飛び込んだのはここだ

すっかりGo Out解禁なのかとおもっていたのですが、お土産屋さん以外の飲食店の方はパーティションや営業時間の区切りがあったりなど、コロナ渦の影響がまだ多少残っているような状態でした。選択肢は割と少なかったのですが、丼ものと一品ものをそれぞれ違うお店で食べ仕様と決断しました。自分ご褒美のお土産が干物の焼き系だと最初から決定していたので、迷うことなく決める事ができました。ただ浜焼きのメニュー、特に烏賊の一本焼きには後ろ髪が引かれてしまいました。次回は、浜焼きのメニューも食べてみたいとおもいます。今回は、『鮮宴丼ひろし』さんと『かに喰亭 ますよね』さんに胃袋のお世話をしてもらいました。おそらく『日本海おさかな街』さんは、観光客をターゲットにしているのだとおもいます。お邪魔したお店は私たちにっとて、胃袋を満たすのに十分な美味しさを提供してくれたと感じます。ないものねだりな感じもしますが、次回は地元の方がよく行くお店を調べ、地元のの特産の海の幸を味わいたいとおもいました。特に鯖が特産のようなので、”刺身””焼き””煮物””干物”のフルコースを味わえたらとおもっています。

  • おさかな市場
    おさかな市場

干物激ウマ

海鮮かに処甲羅亭で購入した掟破りの干物たち。多分観光客相手なので、値引き設定がデフォルトなのだとおもいます。アジの開きを3枚頼んで値引きを交渉したら、なんと金目がおまけでついてきました。結果的には値引きなしのおまけ1つなのですが、激ウマだからいいのです。かに処でかにを買わない掟破りに戸惑ったのかもしれません。余談ではありますが我が家の近郊に、プラント6という福井県資産のスーパーがあります。そこのお魚屋さんは、我が家のお気に入りです。雰囲気が醸し出すせいなのか、どんなものを食べても美味しく感じます。イコール的に”福井発送の魚は不味いわけない”と根拠のない信念をもっています。そうです。そして今回も激ウマだったのです。きっと次回も掟破り確定なんだとおもいます。

  • おさかな市場お土産
    おさかな市場お土産

そして壮大なオチ

こんなオチでいいのだろうかと、自問してしまいます。実は、私かにが苦手なんです。そして、redkabagonはかにが大好きです。今回は夏に弾丸ツアーだったので、かにの収穫時期とは離れており、最初からかに外しでした。多分冬の直前に、再度弾丸ツアーすることになるとおもいます。どうなるんでしょう。

ホーム » Go out

コロナが5類感染症移行に伴う Go outな予感

新型コロナが5類に感染症移行が決定し、それに伴う外出が増え始めそうな予感がプンプンとしております。待ちに待ったのか、まだこのままの方がいいのか自分に問いかけています。東日本大震災の時は、遠くの出来事で他人ごとと感じたからこそボランティアや献金ができたのではないか。そして、その行為はまるでステイタスと感じていいたのでないか。とふと考えてしまいます。なぜならば、コロナ渦においては結構な度合いで自分の生計に痛手を負い、苦しみを味わいました。商売の在り方の根本の変化や、生活のレベルや仕様の変化を伴う3年間となり、以前を取り戻せない気がしています。それならば、補助を受けながらの現状維持の方が気が休まるのでは感じる時もあります。そして、しょうがないことだったんだと自分に言い聞かせている自分があります。どちらがいいのか答えが見つかっていません。

といあえずやってみると初心に帰る

我々夫婦のブログではメインテーマが”とりあえずやってみる”となっています。困ったときはこのフレーズを思い出し、実践を心掛けています。世間はワクワク、我々はモヤモヤであったとしても”とりあえずやってみる”に立ち返り今後も活動したいと思う時事ネタです。

今回のGo outはずばりお花見

花見自体は欠かさずに行っています。我が家のスポットは木曽長良背割堤(国営木曽三川公園 桜堤サブセンター)が最近の定番となっています。木曽長良背割堤は、私が流木を集めに近郊を廻った時に見つけました。木曽川側にある馬飼とはかなり近い距離にあり、馬飼のスポットからの流用を狙った合同イベントが、コロナ渦以前は行われいました。昨今のソーシャルディスタンスの流れからBBQ広場が当たり、国営木曽三川公園 桜堤サブセンターではテントの設営がOKとなった模様です。

見送りになったイベント

一般企業が一定条件下で開催されつつ最近では屋外においては、ほぼコロナ渦以前の状態のイベントが執り行われいると散見します。しかしながら公共のスポットにおいては、状況が異なるようです。場面においても、あまり統一感がないようにおもいます。花火は開催、羽島駅前イベントは開催、そして公園は見送りといった具合です。関係各所の大変さが伝わってきます。

因みにイベントと呼べるかどうか分かりませんが、木曽長良背割堤の桜と菜の花は週末はトラクター牽引による運行ツアー的な催しが行われていました。おそらく、来年以降イベント再開に向けての様子見なんだろうと感じます。

お弁当持参でのウォーキング

かつては屋台を満喫するスタイルでお花見をしておりましたが、ここ数年は持参するスタイルへと変更し、来年はきっと持ち込みBBQになるんだろうなとおもいます。+αでいうならば、現在仕込んでいるネタがあります。今後の伏線として、タイトルにも多数登場の予定です。こうご期待を。

ホーム » Go out